寛文十年の「山城国伏見街並近郊図」に、松平土佐守屋敷と記されていた土佐藩邸の跡地を示す石碑。
伏見での土佐藩の役割は大きく、多大な税金を塩屋町と南浜町に収めていた。

鳥羽伏見の戦いでは、藩主山内容堂の命により、戦いに加わる事はなかったが、
一部の藩士が命令に逆らって参戦した。徳川家が敗退した事で、朝廷より称賛される。